ロートアイアンなら世界の建材ドットコム

ロートアイアンで作る

庇(ひさし)・玄関キャノピー

ディオ・トップ > 世界の建材ドットコム > ロートアイアン > 庇(ひさし)・玄関キャノピー
お客様サポート

ロートアイアンで作るデザイン性の高い庇(ひさし)・玄関キャノピー。本格デザインと職人による本物ハンドメイド!国内最安値!

ロートアイアン,庇(ひさし),玄関キャノピー ロートアイアンに関するヘルプ

他にはないデザインのアイアン庇やキャノピーなどデザイン性の高い鍛鉄商品を激安価格で特注製作。ポリカ板も可能!

門扉ゲート
フェンス階段
面格子パネル
壁付け手摺り
プランター
サイン看板
アーチ
キャノピー庇
その他
B級SALE

【 本物ハンドメイド・ロートアイアン】

デザイナーと職人が手掛ける本物ハンドメイドのロートアイアン。

"デザイン力"が違う!
"質感&ハンドメイド感"が違う!
"職人のこだわり"が違う!
■工場直だから"価格"が違う!


"驚きの安さ"なのに高品質!

庇・玄関キャノピー

ハンドメイドコレクション
国内最安!
高い品質!
高い技術!
経験豊富!
優デザイン
ロートアイアン ゴージャスで高い 『デザインを価格帯で選ぶ』 シンプルで安い 格安アイアン建材
ロートアイアン特注費用 鉄製建材価格 ロートアイアン激安 アウトレット価格のロートアイアン 格安ロートアイアン建材
ロートアイアン,門扉,ゲートデザイン
‐門扉・ゲートデザイン‐
ロートアイアン,ハンドメイド,特注,通販,販売
■デザインについて

十年以上に渡りロートアイアンを手掛けてきたプロジェクトチーム。
センスある本格デザインで多くのお客様に喜んで頂いております。

オリジナルのデザインがある場合でもお気軽にご依頼下さい。
(写真/他デザイン/手書きスケッチ等でもOK)

 市場価格の約半額!
ロートアイアン,庇(ひさし),玄関キャノピー価格
ロートアイアン,庇(ひさし),玄関キャノピー,価格
 デザイン力&低価格!


- 特注製作品例 -
特注ロートアイアン
下記のデザインを元にオリジナルサイズ作成出来ます。


下記デザインリストはほんの一例です / 下記以外のデザインや細かい変更も可能

  .

ロートアイアン,鋳物,門扉,ゲート ロートアイアン,取付方法,施工方法,オプション アイアン門扉,外構
上へ戻る

[主なデザイン特徴]
多くの曲線デザインやデコレーションを多く使用したクラス。

 約46,000円/平米当たり〜 (同品質なら市場価格の約1/3もお得!) ⇒価格についてはこちら
 
#597 ロートアイアン,ひさし,庇,玄関キャノピー,鉄製

IRON CANOPY #597
「サンプル#597」

価格帯ロートアイアン,価格,激安,格安クラス
IRON CANOPY #1806
「サンプル#1806」
価格帯ロートアイアン,価格,激安,格安クラス
ロートアイアン,花台,プランターボックス
特注ロートアイアン
ロートアイアン,花台,プランターボックス

OTHER B CLASS(準備中)
Bクラス/その他

価格帯ロートアイアン,価格,激安,格安クラス
  .

ロートアイアン,鋳物,門扉,ゲート ロートアイアン,取付方法,施工方法,オプション アイアン門扉,外構
上へ戻る

[主なデザイン特徴]
曲線デザイン、デコレーションをバランスよく使用したクラス。

 約39,000円/平米当たり〜 (同品質なら市場価格の約1/3もお得!) ⇒価格についてはこちら
 
 #1514 ロートアイアン,ひさし,庇,玄関キャノピー,鉄製

IRON CANOPY #1514
「サンプル#1514」

価格帯ロートアイアン,価格,激安,格安クラス
IRON CANOPY #930
「サンプル#930」
価格帯ロートアイアン,価格,激安,格安クラス
ロートアイアン,庇(ひさし),玄関キャノピー #930
特注ロートアイアン 特注ロートアイアン
#1751
#2459
ロートアイアン,ひさし,庇,玄関キャノピー,鉄製

IRON CANOPY #1751
「サンプル#1751」

価格帯ロートアイアン,価格,激安,格安クラス
OTHER C CLASS(準備中)
Cクラス/その他
価格帯ロートアイアン,価格,激安,格安クラス
ロートアイアン,花台,プランターボックス
特注ロートアイアン
  .

ロートアイアン,鋳物,門扉,ゲート ロートアイアン,取付方法,施工方法,オプション アイアン門扉,外構
上へ戻る

[主なデザイン特徴]
直線的な基本デザインに少しだけ曲線デザイン、デコレーションを加えたクラス。

 約34,000円/平米当たり〜 (同品質なら市場価格の約1/3もお得!) ⇒価格についてはこちら
 
#1764
#1522
ロートアイアン,ひさし,庇,玄関キャノピー,鉄製

CASABLANCA
「カサブランカ」

価格帯ロートアイアン,価格,激安,格安クラス
OTHER D CLASS(準備中)
Dクラス/その他
価格帯ロートアイアン,価格,激安,格安クラス
ロートアイアン,花台,プランターボックス
特注ロートアイアン  
  .

ロートアイアン,鋳物,門扉,ゲート ロートアイアン,取付方法,施工方法,オプション アイアン門扉,外構
上へ戻る

[主なデザイン特徴]
シンプルな直線的なデザインにワインポイントで少しだけ曲線デザインを加えたクラス。

 約29,000円/平米当たり〜 (同品質なら市場価格の約1/3もお得!) ⇒価格についてはこちら
 
#1839 ロートアイアン,庇(ひさし),玄関キャノピー

IRON CANOPY #1839
「サンプル#1839」

価格帯ロートアイアン,価格,激安,格安クラス
OTHER E CLASS(準備中)
Eクラス/その他
価格帯ロートアイアン,価格,激安,格安クラス
ロートアイアン,花台,プランターボックス
特注ロートアイアン  
  .

ロートアイアン,激安,格安 ロートアイアン,取付方法,施工方法,オプション アイアン門扉,外構
上へ戻る

[主なデザイン特徴]
シンプルに直線的なアイアンのみでデザインされたクラス。

 約24,000円/平米当たり〜 (同品質なら市場価格の約1/3もお得!) ⇒価格についてはこちら
 
#1624 ロートアイアン,庇(ひさし),玄関キャノピー

IRON CANOPY #1624
「サンプル#1624」

価格帯ロートアイアン,価格,激安,格安クラス
OTHER F CLASS(準備中)
Fクラス/その他
価格帯ロートアイアン,価格,激安,格安クラス
ロートアイアン,花台,プランターボックス
特注ロートアイアン  




"ロートアイアン"とは?
ヨーロッパなどでよく見られる。装飾が施された門扉フェンス等のエクステリア表札看板ポスト等の小物、また、インテリア部材である(キャノピー)、階段手摺等のインテリア、家具や雑貨のアクセントとしても利用されている。歴史はローマ時代まで遡ることが出来るが、王朝時代、バロック、アールヌーボ、アールデゴなど、時代のデザインスタイルによって変化、発展した。また、地域、民族の文化によるバリエーションも見られる。もともとは全て手作業による鍛造に よって作られていたが、昨今では工業化が進みイタリアやイギリスから既成の小パーツを輸入し、それらを組み合わせ作成することが大半である。またそれら小 パーツの生産においても大幅な機械化が進められている。既成パーツを使用せず、すべてハンドメイドで作り上げられた製品もあるが、非常に高価でありデザイ ン面も含めて作品として工芸的に扱われる。 特に螺旋階段などにおいては、現物あわせにせざるえず、場合によっては実物大の模型を作り、それにあわせて製作することもある。 また、現代の需要としては装飾としての価値に留まらず、高い防犯性を実現したロートアイアンは装飾美と機能美を兼ね備えているセキュリティ設備としての側 面も認められる。特にロートアイアン製の面格子は侵入防止としての価値を見直されている。製造方法は棒状の鉄や鉄板を加熱し、曲げる、捻る、伸ばすなどして加工し、必要な小パーツを作成し、その後各パーツを溶接・研磨して完成する。そのままでは錆び易いので、亜鉛鍍金や塗装が行われる。基本的には鍛冶屋とほぼ同じ工程であるが、鍛冶屋が生活用品を作るのに対して、ロートアイアンでは工芸物や建材を作る点が異なる。1点ものが多いために、オーダーメイドが基本であり、受注に際しては綿密な打ち合わせが必要である。類似品として鋳造ア ルミのロートアイアン風建材が流通している。鋳物は型に金属を溶解して流し込んで製造するもので、ロートアイアンとは制作方法が全く異なる。型が必要なの で大量生産品に向いているが、1点ものの製造には向いていない。型を使うために、ロートアイアンのように細かい造作や入り組んだ構造には向いていない。規 格化しやすい、門扉やフェンス、家具などに使用される。鉄の代わりにアルミを使用したロートアルミも製作されている。作業の手間はロートアイアンと大差ないが、軽量であること、錆びにくいことなどのメリットがある一方、原料のアルミが鉄より高価であること、溶接が手間であること、細かい造作に向いていないなどの欠点がある。ステンレス鋼を使ったロートアイアンも存在するが、材料が割高であるのと、加工が困難であるので、ロートアルミと同様に細かい造作には向いていない。
[Wikipediaより抜粋]



"庇"とは?
、ひさし)は、家屋の開口部(窓、出入口)の上に取り付けられる日除けや雨除け用の小型の屋根のこと。日本建築では、主にろく庇腕木庇の2つが造られている。家の作りやうは、夏をもってむねとすべし―と吉田兼好が『徒然草』に記しているように、かつては高温多湿の夏を凌ぐために、柱構造の開放的な空間を作り出し風通しを良く、深い軒で日差しを遮り、風向きや日照を調整していた。
[Wikipediaより抜粋]








op