『素材情報』

本体素材の種類

LED電球 蛍光灯球 白熱球

真鍮(しんちゅう)製
真鍮は金のような美しい輝きを持つ金属です。銅と亜鉛の合金で英語でBRASS(ブラス)と呼ばれ多くの照明器具に使用されています。加工がしやすく仕上げに色々なカラーを付けることができるので多種多様なイメージが可能です。また使い込んでいくうちに渋みと風合いが出てくる様も人気です。

スチール(メタル)製
スチールは鋼の一種ですがその中でもステンレススチールに分類され様々な仕上げ色の表現が可能で耐食性がとても高い素材です。錆びにくく汚れない性質のため、取付けマウントやその他パーツにも使用されます。

アルミダイカスト
アルミニウム・亜鉛・マグネシウム・銅などの合金を金型内に圧入成形する特殊な鋳造品がダイカスト(ダイキャスト)です。精密正確な仕上がりで美しい表面や複雑な形状の製品が大量生産できるためその価値は金属加工業界の中でも高く評価されています。

LED電球

合成樹脂(プラスチック)
合成高分子化合物のうち繊維およびゴムを除いたものの総称で正確には樹脂ではなくプラスチックとよばれるものの大部分がこれにあたる人造樹脂。

シェード素材の種類

LED電球 蛍光灯球

硝子(ガラス)製
クリアな物から模様や曇り硝子など色々な加工が可能で色も様々なので光の美しさがとても綺麗。メーカーやタイプによって色んな名称が付いている

ファブリック(クロス)製
クロスは衣服などに使われるファブリックの一種で編んだものがクロスと一般的に呼ばれます。刺繍や布の色などにより柔らかで雰囲気のある光を演出します。

フィニッシュ(仕上塗装カラー)

照明素材

各商品やメーカーによって様々な名称や色合いが御座います。詳しい色合いは各商品詳細ページをご覧下さい。特定の商品に関する色合いについては在庫にある場合に限り写真などお送りすることが可能です。

このページの先頭へ